Google Maps Platformの特徴

  • GoogleMapsPlatformとは何か

    • GoogleMapsPlatformとは、自分が運営するウェブサイトにグーグルマップを表示させることのできるサービスです。

      GoogleMapsPlatform情報ならこちらをご利用ください。

      以前はGoogleMapsAPIという名称でしたが、2018年よりGoogleMapsPlatformへ移行されました。

      無料利用もできますが、利用するサービス内容や使用量により有料での利用になることがあります。


      従量課金制ですので、どれだけ利用したのかによって料金が異なる仕組みです。
      主な機能にはマップ、ルート、プレイスの3つがあります。


      マップは、グーグルマップで地図を表示させたり、ストリートビューの画像を埋め込んだりする機能です。
      地図は、マーカーやライン、色、画像などでカスタマイズすることができます。ルートは、出発地から到着地までの経路を検索する機能です。

      電車などの公共交通機関や徒歩、車など、それぞれの経路で検索した結果の、距離や移動時間を表示してくれます。経路を検索する際は現時点での渋滞情報が考慮されていて、オンラインならではの機能といえます。



      プレイスは、世界で1億ヶ所以上もの場所情報を表示させる機能です。



      施設名や住所、電話番号、その施設のクチコミ評価などが表示され、ショップなら営業時間や時間帯による混雑具合なども掲載されています。GoogleMapsPlatformは、個人のサイトにはもちろん、ビジネスでも幅広く活用されているサービスです。機能の内容と料金体系を考慮し、どのように使っていくのか検討することをおすすめします。